FC2ブログ
 歴史、社会、心理、旅行や本を語ります

徳島の海岸と漁村を巡って 9: 鞆浦を訪ねて 2
1DSC03271-1.jpg

*1

今回は、鞆浦の漁港に沿って岬の手倉湾まで紹介します。


2DSC03229-6s.jpg

< 2. 散策マップ、上が南 >

赤線が散策ルート、Sがスタート、Eがエンドです。


3_20200707120101603.png

< 3.漁協の近くから岬の方を望む >

以下の写真はほぼ撮影順に並んでいます。

上: 中央奥に漁港の開口部が見える。

下: 漁村の東半分。


4_20200707120102a09.png

< 4. 漁村の中心部 >

上: 左に2階建ての漁協が見える。
南の方を見ている。

下: 漁港沿いに、半時計周りにほぼ半周して、漁村の中心部を振り返った。


5_20200707120104045.png

< 5. 漁村の終端 >

上: 中央の小山に海部城跡がある。

下: 右手に川に架かる橋がある。


6_20200707120106f49.png

< 6. 漁港の防波堤 >

上: 遥か遠くに見える島影は、牟岐港の先にある出羽島や大島です。
北東を見ている。

下: 写真の右手が漁港の開口部です。


7_20200707120107d5f.png

< 7. 岬の突端にある手倉湾 >

上: 出羽島や大島が見える。

下: 漁港の開口部と牟岐方面を見ている。



8_202007071201084b5.png

< 8. 手倉湾から南を見ている >

上: 遠方の岬は宍喰浦の乳ノ崎だろう。

下: 船が見えたので拡大した。



9_20200707120110173.png

< 9. 手倉湾の小島 >

漁師が岩礁で何か漁をしている。


10_20200707120111887.png

< 10. 海部川の河口 >

大きな川です。
今回、訪問した海部郡では最も平野部が広いです。
川の右岸から撮影した。

上: 上流を望む。

下: 河口を望む。

次回に続きます。


スポンサーサイト




中国の外縁を一周して 43: 新幹線で昆明へ 1
1DSC00611-1.jpg

*1

これから数回に分けて、新幹線から見た麗江―昆明間の景色を紹介します。
思ったより緑豊かな渓谷と盆地が広がっていました。


2_20200701062412dd9.jpg

< 2. 鉄道ルート、上が北 >

上: 今回の15日間の中国旅行の経路です。
ピンクが日本との国際線、赤が国内フライト、黒が新幹線です。
新幹線は三回乗りました。
北京-開封は大平原の穀倉地帯、開封―蘭州は黄河沿いの険しい山間を抜けて来ました。
今回の麗江―昆明は高原地帯の山間を走ります。

下: 今回の鉄道ルート。
麗江を2019年10月27日、11:04発、乗車は2時間20分です。
途中、観光地の大理が湖の対岸に見えるかもしれません。


3_20200701062413533.png

< 3. 麗江駅 >

上: 新幹線の麗江駅の正面。
ホテルからここまではタクシーで来ました。

下: 麗江駅の広場。
中国の新幹線駅は広場がやたらに大きくて歩くのが辛い。


4_202007010624155d1.png

< 4. 最初の関門 >

中国では、駅舎に入るには先ず切符とパスポートが必要です。
そして、ここでも上記のチェックと荷物検査が最初に行われます。

上: 荷物検査を無事通過した後、振返った。

下: 1階正面。

昆明行きは2階に行かなければならない。


5_20200701062416e05.png

< 5. 二階へ上がる >

上: 二階へのエスカレータ。

下: 二階の待合室。


6_2020070106241823f.png

< 6. 改札 >

上: 改札口。

下: 乗客が並び始めた。


7_2020070106241957b.png

< 7. ホームに入る >

上: 改札を抜けて右を見た。
新幹線はホームの右側に停車していた。

下: 改札を抜けて左を見た。
実に、巨大なホームだ!


8_20200701062421e3a.png

< 8. いよいよ乗車 >


9_20200701062422895.png

< 9.車窓の風景 >

これから車窓の風景を撮影順に紹介します。
撮影は進行方向右側の景色になり、写真の左側が進行方向です。

始め鬱蒼とした木々で覆われた山並みが続きました。
しかし、出発から数分を過ぎると渓谷を走るようになりました。


10_20200701062424b0a.png

*10


11_20200701062425b08.png

*11

畑作地帯と点在する集落が続きます。
西安から蘭州間の黄土高原に比べると、こちらの方が水にも恵まれ土壌も肥えているようです。



12_20200701062427529.png

< 12. 養殖池か >

麗江の古城忠义市场で見た新鮮な魚類は、このような池で養殖されていたのかと一人納得した。


13_20200701062428e82.png

< 13. 鹤庆站でしょうか >

発車後の21分後に通過した駅です。
約30kmほど来たでしょうか。


次回に続きます。



徳島の海岸と漁村を巡って 8: 鞆浦を訪ねて 1
1DSC03199-1.jpg

*1

今回から、2回に分けて鞆浦漁港を紹介します。
小さな漁港ですが、地の利を生かした良い漁港だと思いました。


2ss_20200628083259a4a.png

< 2. 宍喰から鞆浦へのルート >

上: 宍喰から鞆浦へのルート、上が北。
赤枠が既に紹介した宍喰の散策範囲です。
オレンジ線がドライブルートです。
黄枠が鞆浦です。

下: 鞆浦、上が南(上図と向きが逆)。
オレンジ線が宍喰からのドライブルート。
黄枠が鞆浦の今回紹介する散策ルート。
赤枠が次回紹介する手倉湾。
黒矢印は漁協、黄矢印は海部川の撮影地(次回)、赤矢印は宍喰浦(那佐湾)の撮影地。
赤四角は海部城跡。


3_20200628083300a13.png

< 3.那佐湾と宍喰浦 >

上: 左の宍喰浦に挟まれた那佐湾の向こうに宍喰が見える。

下: 宍喰浦。


4_20200628083301e04.png

< 4. 鞆浦漁協 1 >

ここに到着したの9時45分でした。
競りが行われており、様々な魚種が見られました。
訪問した時間が異なるからかもしれませんが、鞆浦の方が由岐、日和佐、宍喰の漁港よりも大きな魚が沢山獲れているようでした。

素人の見立てですが、この港は大きな海部川上流の栄養が海に注ぎ沿岸漁業に恵まれ、また大きな河口は上流の材木の切り出しと海上運搬に有利に働いたことでしょう。

5_202006280833033cf.png

< 5. 鞆浦漁協 2 >

魚を入れる大きなコンテナや陸揚げ用のコンベヤなどが目立ちました。

下: ブリでしょうか。


6_20200628083304bbe.png

< 6. 漁協の2階の展示物 >

トイレを借りに2階に上がりました。
漁に関する幾つかの展示がありましたので紹介します。

上: 鞆浦大式、定置網の一種。
元々は富山湾で生まれた定置網で、後にこちらでも使われるようになったらしい。
徳島県内では最大の定置網のようで、全長1300mもある。

下: 定置網漁の写真のようです。

漁協の人に聞きました。
遠方に出る漁としては高知沖まで行っているが、徳島ではこの鞆浦だけが行っているとの答えでした。
大きな船を見ることが出来ませんでしたが、大きな屋根付きのドッグがありました。
漁協の魚を見て、多いですねと聞くと、ここでも「少ない」との返事が返って来た。


7_20200628083306ef6.png

< 7. 漁協の周辺から散策を始める >

上: 漁協の階段から南西方向を見下ろす。
川が見え、その先に従来の漁村が広がる。

下: 漁協の西側を見る。
この山に海部城跡がある。
山の手前のこの一帯だけは新築の家が多い。
若い漁師に古い町並みの事を聞くと、最近引っ越してきたばかりなので知らなかった。


8_20200628083307919.png

< 8. 川の橋から >

上: 網袋を持った一人の漁師が漁協へ急ぐ。
網袋の中は、さざえかウニのようでした。
重そうなのでさざえかな?
下の写真の船から一人の漁師が下船して、歩き出した所です。
この奥の山が、海部城跡のある山です。

下: 川の上流を見ている。
川の右も海部城跡のある山です。


* 海部城と鞆浦について :

実は海部城が出来た16世紀(室町時代末期)、この山は河口に浮かぶ島だったようです。
ここは海と川を監視し、守るには最適な場所だったでしょう。
後に埋め立てられが進み、今は大きな海部川とこの小さな川に挟まれるようになった。
これを築城したのは海部氏ですが、元々は宍喰を拠点にしていたが、こちらに転居したようです。
海部氏は三好(阿波国と畿内を領有)に属していたが、高知の長曾我部との最前線となり、後に攻められ落城した。

今は、鞆浦を含む海部町と宍喰町が合弁して海陽町となった。
古い時代、海部は海運力と上流の木材業で発展した。
15世紀の兵庫の港(兵庫関)への入港記録「兵庫北関入船納帳」によると、海部船籍は全国10位であった。
阿波(徳島)では海部54隻、宍喰20隻、平島(阿南?)19隻で、海部が圧倒的に優位であった。
また同じ記録によると、当時、海部(鞆浦)と宍喰の木材の扱い量は阿波の約半数であった。
如何に、この地域の海運力が秀でていたかがわかる。
また室町時代から「海部刀」がこの地で生産されていた。



9_202006280833092fe.png

< 9. 街歩きを始める >

橋を渡って真直ぐ通りを進むと巨石が右手に見えた。

上: 大岩慶長・宝永地震津波碑
大きな石の表面の二ヵ所に碑文が見える。
左が慶長地震津波碑、右が宝永地震津波碑。

慶長地震津波碑: 1605年、高さ約30mの津波が7回来て、男女百人あまりが海に沈んだ。

宝永地震津波碑: 1707年、高さ約30mの津波が三度来たが、死者は出なかった。

本当に、徳島南部の海岸は幾度も巨大津波の被害に遭っていた。

不思議に思うのは、東北大震災の福島原発事故で、巨大津波を国も電力会社も想定外として平然としていたことです。
おそらく地元の漁港には幾つも巨大津波の碑が建っていたことでしょう。
一部の歴史学者は指摘しても、他に問題視した人はいなかったのでしょうか?


10_2020062808331061d.png

*10

11_202006280833120aa.png

*11

上: 港に面した広場の中央にあった建物。
民家ではなく、郵便局などの公共の建物のようでした。

下: 日蓮宗 吉祥山 法華寺
上記の建物から東方向に延びる道の奥には寺があった。


12_20200628083313b17.png

< 12. 古い民家が軒を並べる >

しかし、東由岐ほどには古い漁村の民家を見なかった。


次回に続きます。


中国の外縁を一周して 42: 麗江とお別れ
1DSC00567-1.jpg

*1


今回で、麗江の紹介を終わります。
麗江の地下街、麗江の朝、新幹線駅までの街並みを紹介します。
ここには古い家並みと発展する街が混在しています。
撮影したのは2019年10月26日と27日です。


2_2020062308251870f.png

< 2. 束河古鎮から民主路の地下街へ >

上: 束河古鎮から麗江への途中。

下: 夜の民主路。
この道を左に折れると麗江古陳の玉河広場になります。


3_2020062308251993f.png

< 3. 地下街 >

地下街は思ったより長く、幾つか分岐して延びています。
夕食の為に来たのですが、ショッピングの店が多い。
店は多彩で、地上よりも地下の方が人出は多い。


4_20200623082521efd.png

< 4. ホテルの朝 >

これで2日目の朝を迎えました。
この日は、新幹線で最後の訪問地昆明に向かいます。


5_2020062308252211e.png

< 5. 朝8時頃の麗江古陳 >

清々しい朝で、人影は少なく、ふっと歴史舞台の一コマに紛れ込んだようです。



6_2020062308252498f.png

< 6. 玉河広場へ >

下: 玉河広場。
丘の上にホテルが見える。


7_20200623082525fc5.png

< 7. 玉河広場に面した食堂街 >
ここには何回も来ては、食を手短に楽しんだ。


8_2020062308252632e.png

< 8. 黑龙潭の方を望む >

上: この川の上流(奥)が黑龙潭で、奥に雲を被った玉龍雪山が微かに見える。

下: いよいよタクシ-に乗り、新幹線の駅に向かう。
以下の写真は、すべてタクシー内から写したものです。
麗江の都市の姿が垣間見えます。


9_2020062308252874c.png

*9

中心部は観光で成り立っているのが分かる。


10_20200623082529308.png

*10

いったん家並みが少なくなった。

11_202006230825313d6.png

< 11. 郊外に忽然と巨大な住宅街 >

ガイドの話によると、ここらには別荘群が続々と建っているそうです。
驚きです。
次回、新幹線からの眺めを紹介しますが、この地は中国の奥地で、昆明からでも新幹線で3時間半も隔てた所にあるのです。
ここらは新幹線の駅に近い。


12_20200623082533fc4.png

*12


13_20200623082534ba2.png

*13

下: 小学校のようです。

直ぐ新幹線の駅です。

次回に続きます。




世界が崩壊しない前に 32: コロナに見る日本政府の危機管理 2
1-1_202006210836075ff.jpg

*1

今回、はからずも行政サービスの稚拙さから腐敗と癒着の体質が露呈した。
さらに経済政策の根本的な欠陥も浮かび上がった。



2_2020062108360899e.png

< 2.アジアでも遅れをとった日本 >


* 行政サービスと経済政策の問題 *

今回、致命的な体質が露呈した。
1.国民向けの経済施策は政府の念頭に無い。
2.国民向けサービス体制は手詰まり。


当初、政府は復興と銘打って牛肉券や旅行クーポンを高らかに謳った。

これは弱っている業界を助け、その出費の大半が余裕のある人々の懐から出ることになり、一挙両得だと好感する人もいただろう。

実は、これは経済理念と国民目線の無さを示している。

これでは本当に苦境に陥った店舗の救援が出来ず、また裕福な人の節約を助長するだけです。
例えば、政府が復興の為と称して、ダイヤモンドや世界一周クルーズの購入費を半額負担すると言っているに等しい。
結局、ふるさと納税と同じ人寄せパンダで、自民党に群がる業界団体を潤し、逆累進課税にもなる。

必要なのは他の先進国が実施ているようなコロナにより困窮している事業体や失業者への素早い直接給付です。
日本では、なんとか一律10万円給付が成った。

経済対策の遅れを見ていると、政府が国民の経済弱体化を甘く見ていることがわかる。
政府は、放置することにより国民と事業体が、失業・倒産・大学中退などで再起出来なくなることを意に介していない。

一方、日銀は金融不安払拭の為に株式の爆買いを加速させ、金融緩和に邁進している(米国でも)。
これは更なる金融危機の芽を大きくし、結果的により巨大なバブル崩壊が襲い、大規模な倒産と失業、そして格差拡大が圧し掛かるだけです。
ここ60年繰り返してきた。


なぜこんなことになったのか?

一にも二にも、政府の経済政策が、産業界をリードする大企業と金融界を優遇することだからです。
国民の事は二の次三の次に過ぎに成り下がった(この問題はいずれ説明します)。


もう一つの問題は、持続化給付金支給などに見られるサービス体制の欠陥です。

今回、パソナや電通がほとんどのサービス業務で幾度も中抜きをしていることが露見した。
両社は以前から政府と癒着し、巨大な利権と実権を握り、非正規問題とマスコミ支配と言う日本の二大悪を担って来た。
両社を経由した業務がお粗末になるのは必然です。
これは国民へのサービス体制の不備と言うより、根絶しなけらばならない自民党・官僚の腐敗・癒着の構造です。

しかし問題の根はさらに深い。

それは1980年代から自民党と官僚が共同で推進して来た、偽りの構造改革・緊縮政策の一つの結果です。
ポイントは、公務員を減らし民間委託に奔走したことです。

既に日本の雇用者に占める公務員比率はOECD諸国の最低になり、平均の1/3に過ぎない。
だが減って当然の巨額の特別会計は減らず、行政の改善も見られない。
つまり、無数の外郭団体と民間(政商のパソナや電通など)と言う隠れ蓑に予算は食い尽くされ続けている。

さらに悪い事に、このサービスは以前の体制より遥かに非効率になっている。
そこでは、一部の天下りが高給を貪るが、多くの従事者は非正規に代えられ、薄給と不安定な身分に落とされ、意欲とスキルは低下し続けている。
あらゆる省の外郭団体、第三セクターが劣化の危機に晒されている。
民間ともなれば、従業員はさらに規制の無い過当競争に晒され、全てが劣悪になる。

これが現在、日本を覆い尽くす政府による国民サービスの実態です。

この問題の本質は、見かけの改革だけで政府・官僚・政商の腐敗と癒着が強固になり、さらにその不透明さと隠蔽により、全貌が掴めなくなったことです。

特に日本は米国流の自由放任経済に加えて、自民党長期政権を放置したことが災いしている。
このような状況で、様々な地球規模の危機に対応出来るはずがない。


次回に続きます。




Copyright © アクアコンパス 8. all rights reserved.